【天体観測】薄曇りの中、月、木星、土星を撮影するということ

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

経緯

一昨夜は、雲の切れ間を縫って天体観測をしました。

そして、昨夜は、薄曇りの中、天体観測をすることが出来ました。
10日間くらい天気が悪いなどと言っていましたが、なんだかんだで、天体観測が出来ています。
一昨夜と違うのは薄曇りだったことです、木星も土星も月も、常に雲が前にありました。
雲の切れ目を待たなくて良いので、じれったさは昨夜の方が下でした。

目次に戻る▶▶

極軸設定

北極星方面はすでに雲で固められており、SharpCapの極軸設定機能は使えません。
雲のせいでドリフト法も使えないという、いつものパターンでした。
そして、やはりいつものように、iPhoneのコンパスと、スーパーポラリス赤道儀の高度調整目盛で、それぞれ方位と緯度にて、極軸設定としました。

これ、そんなに悪くない精度が出ます。
714mmの焦点距離に×2のバローレンズを使い、さらにカメラのセンサーサイズは1/2.8″という状況で惑星はほぼ止まります。

目次に戻る▶▶

撮影結果

雲をとおしてですが、それなりに良い画像ができました。
曇りの日にここまでの成果が出れば、十分です。
もし曇りでなかったら、一体どんな素晴らしい画像が出来ていたのか・・・

[撮影をした機器、ソフトウェア]
赤道儀:ビクセンスーパーポラリス赤道儀
鏡筒:SVBONY社SV503 102ED D=102mm・f=714mm・F値7、EDアポクロマート、×2バローレンズ使用(月の撮影には×0.5レデューサー使用)
カメラ:CMOSカメラASI462MC
自動追尾:ビクセンMD-6
撮影及びスタック:FireCapture2.6、AutoStakkert3.1.4
画像編集:RegiStax 6でWavelet処理
その他:UV/IRカットフィルター使用

薄曇りにしては、クレーターなど、シャープに写ったと思います。
満月まで撮影出来たらなあと思いますが、ASI462MCのセンサーサイズでは無理です。
贅沢な望みです。

Date=160921、Duration=60.004s、Frames captured=1226、ROI=1936×1096、ROI(Offset)=0x0、FPS (avg.)=20、Shutter=2.029ms、Gain=30 (5%)、Gamma=100 (off)、Histogramm(min)=1、Histogramm(max)=2881、Histogramm=70%

木星

曇り空ではないくらいの画像が出来ました。これに大赤斑が写っていれば言うことなしです。
その代わりではないですが、南方面に永続白斑?が写っています。

大赤斑はまいくろさんが見つけてくれたサイトのおかげで、出現の予測ができるようになったのですが、曇りの日は、いつ完全に曇ってしまうかもしれない時間との戦いがあるので、ちゃんと晴れている時にゆっくりと予想して楽しもうと思います。
曇り空は、気流の状態が良いのでしょうか。これまでも何度かそんなことがありました。

Diameter=47.77″、Magnitude=-2.79、FocalLength=1250mm、Resolution=0.47″、Filename=Jup_210445、Date=160921、
Duration=60.007s、Frames captured=8062、ROI=640×480、ROI(Offset)=1080×304、FPS (avg.)=134、Shutter=5.514ms、Gain=309 (51%)、Gamma=100、Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=3482、Histogramm=85%

土星

本体模様がしっかり映っていないのが残念でしたが、うまくまとまったという感じです。
カッシーニの空隙、本体に1本の縞模様。
いつもどおり、安定の撮影結果です。

Diameter=17.94″、Magnitude=0.44、FocalLength=1250mm、Resolution=0.48″、Filename=Sat_202243、Date=160921、
Duration=60.006s、Frames captured=6482、ROI=640×480、ROI(Offset)=456×280、FPS (avg.)=108、Shutter=7.300ms、Gain=403 (67%)、Gamma=100、Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=4095、Histogramm=100%

目次に戻る▶▶

まとめ

薄曇りの中でも、天体観測が出来たのは大きかったです。
天体観測をしている時間は、何も余計なことを考えずに、没頭できるので、精神衛生上良いのです。

月、木星、土星ともに、まずまずの画像が出来ました。
次の段階は、画像編集でしょうか。
今のところはWavelet処理のみで、色合いとかに手を付けていません。

そろそろ挑戦してみようかな。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました