2021-02

星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】散開星団は美しく、撮影しやすい

これで三日、天体観測をしていません。夜がとても暇です。最近、Sharpcapのテスト、研究などで、割と多くの天体を撮影してきました。今日はその中で、まだアップしていない、まずまずの出来のものを紹介します。NGC2374、NGC2506、NGC2467です。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】ふたご座NGC2392(エスキモー星雲)

管理人が今までに観測をした惑星状星雲の中で、一番不思議で神秘的な形をしていたのはNGC2392(エスキモー星雲)です。そして、今のところ、撮影が一番うまくいっている惑星状星雲が、エスキモー星雲です。惑星状星雲は、どれも個性的な形をしていて、見ていて楽しい。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】NGC2383と2384、M105とNGC3384、同時撮影

管理人のカメラは、CMOSカメラASI462MC。惑星専用ともいわれています。それをDSOの季節になっても使い倒しています。その画角、なんと2.8″という狭さ。こういうカメラですから、複数の天体を同時に撮影することは稀です。でもその稀が起きることがあります。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】露出8秒間のオリオン大星雲、NGC2215・2903、エスキモー星雲

昨夜の狙いは、Samさんにアドバイスいただいたことの実行です。露出は数秒間、総スタック時間は変えず、GAINは最大に、スタックがなかなか進まずに苦しんでいたのは30秒間という長い露出時間も原因でした。そして、難易度の低い天体から順番に撮影していきました。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】しし座棒渦巻銀河NGC2903

しし座が、普通の夜の時間に公園の木立を越えるようになって、星雲、銀河への興味が強くなってきました。しかし、管理人のシステムで、星雲、銀河にどこまで立ち向かえるか、疑問もありました。しかし、ここまで色々成功させてきたのだからと思い、目標天体の物色を始めました。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】オリオン座散光星雲M78とろくぶんぎ座スピンドル銀河を撮影

昨日は暖かったですね。昨夜の狙いは、最近自分の中で流行りになっている、銀河とか星雲です。①オリオン座散光星雲M78②ろくぶんぎ座スピンドル銀河)を狙いました。M78は、もう一度どれくらい苦労するか試してみたかったので、再チャレンジです。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】やまねこ座渦巻銀河NGC2683,オリオン座散光星雲M78を撮影

昨夜も暖かい夜でした。しかし、空にベールがかかったような夜が続いています。昨夜は、純粋に天体観測を楽しもうと、目標天体を物色。最近、銀河の撮影に成功して楽しくなっているので、①やまねこ座渦巻銀河NGC2683②オリオン座散光星雲M78を目標天体に決めました。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】スタックが星の数に阻まれる

昨夜は気温が高く、外での作業が楽でした。当然、天体観測も楽で、いつものように望遠鏡を出して、天体観測を始めました。晴れてはいたようですが、星が暗く、霞がかかっているようでした。狙いは、天体観測を楽しむことと、Sharpcapのスタックの研究でした。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】Sharpcapは質の高いフレームを求めている

昨夜も天体観測を行いました。空気も澄んでいて、星は明るく見えていました。昨夜の狙いは、未だにSharpcapによるライブスタックの研究です。これまで、ノイズリダクション、GAIN値、色々と気づきがありました。昨夜の撮影でも、気づきがありました。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】SharpcapでのスタックとGAIN値

昨夜の天体観測の目的は、先般全くスタックされなかった、クレオパトラの瞳星雲のリベンジをするためです。美しい天体なので、楽しみながら練習できました。Alignされないのは追尾ズレが原因かと思っていましたが、それだけではないようです。
タイトルとURLをコピーしました