天体観測器具レビュー

天体観測器具についての情報、レビュー

天体観測器具レビュー

【天体観測】IC405「まが玉星雲」を撮影してみた。ケラレは消えたのか?

ASI294MCのファーストライトの興奮も冷めやらず・・・これからも新兵器ASI294MCを楽しんで使っていこうと思います。とは言え、ファーストライトで問題となったケラレ(管理人はこれを周辺減光と勘違いしておりました)の問題は解決しないといけません。
天体観測器具レビュー

【天体観測機器レビュー】ZWO社製CMOSカメラASI294MCを購入しました。

迷っていた割にはあっけなく、ASI294MCを購入しました。残念ながら昨夜は雨で、ファーストライトはできませんでした。今日は、カメラ外観、同梱物のレビュー、気になっている事のみです。
天体観測器具レビュー

【天体観測】DualBandFilter導入ならオートガイドが必須

赤い星雲や青い星雲を撮影するために、DualBandFilterが欲しくなりました。諸先輩が撮影しているような美しい画像を得たい。ところが、訪問者さまからのご指摘で、DualBandFilterを検討するなら、望遠鏡のオートガイド化が必須だと分かりました。
天体観測器具レビュー

【天体観測機器】ASI294MCの次はDualBandFilterが欲しい

DualBandFilterは、天体の発する主要2輝線(Hα, OIII)付近の波長域を中心に透過させ、それ以外の波長域をカットすることで、光害地でも星雲を浮かび上がらせます。今まで難しかった、青や赤の星雲の撮影が鮮やかにできるようになります。
天体観測器具レビュー

【天体観測機器】ZWO社ASI294MCが欲しい

先般ペルセウス座o星雲を撮影してみて、改めて、画角の広いカメラが欲しくなりました。ASI462MCはASI294MCに比べると、圧倒的に画角が狭く、DSOの広さによっては、一部しか移すことができません。
天体観測器具レビュー

【天体観測機器】SVBONY社製3倍バローレンズに惹かれています(ご意見募集中)

色収差により失敗に終わった×3バローレンズ購入・使用。まだ×3バローレンズを諦められずにいます。口コミでは、正常に使えている人がいるということですので、きっと、望遠鏡との相性の問題ではないかと考えています。そこでメーカーをそろえればよいのではと・・・
天体観測器具レビュー

【天体観測機器】AstroStreet GSO EDレンズ 3倍バローレンズを購入して使ってみた

訪問者の方から、惑星の撮影に関して、3倍のバローレンズを検討してみては、とのアドバイスをいただき、早速購入してみました。購入したのは、AstroStreet GSO EDレンズ 3倍バローレンズです。4,730円也。使い勝手は良好です。
天体観測器具レビュー

【天体画像編集】WinJUPOSで土星をデコンボリューションしてみた(再チャレンジ)

WinJUPOSで土星をデコンボリューションする時の方法の続きです。訪問者さまが助け舟を出してくれました。大変助かりました。これから火星や金星もデコンボリューションする可能性があります。その時はまた苦労しそうです。
天体観測器具レビュー

【ソフト使用感】WinJUPOSを使ってみた

天文ガイドのバックナンバーを見ていたら、一昔前は、Wavelet処理を経てステライメージなどの画像処理ソフトに渡していたけれど、今では、WinJUPOSによるデコンボリューションという処理をかませるのが普通と書いてありました。管理人も挑戦です。
天体観測器具レビュー

【天体観測機器調べ】ADC(大気分散補正プリズム)が欲しい。

惑星シーズンになり、欲しい観測機材があります。それは、ADC(Atmospheric Dispersion Corrector、大気分散補正プリズム)です。さて、ADCとは何でしょうか。訪問者さまからもお勧めもあって、喉から手が出るほど欲しくなったのです。
タイトルとURLをコピーしました