2022-11

星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】ペルセウス座NGC1342「小さそり座星団」を撮影してみた。

一昨夜の撮影で発生していた中央付近の影のようなものが、どの光学系にもある文字どおりの光量不足だろうということを、訪問者の方に教えていただきました。その光量不足ですが、昨夜の天体観測においても発生しました。二日連続で発生したことになります。
天体観測器具レビュー

【天体観測】IC405「まが玉星雲」を撮影してみた。ケラレは消えたのか?

ASI294MCのファーストライトの興奮も冷めやらず・・・これからも新兵器ASI294MCを楽しんで使っていこうと思います。とは言え、ファーストライトで問題となったケラレ(管理人はこれを周辺減光と勘違いしておりました)の問題は解決しないといけません。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】ASI294MCファーストライトはアンドロメダ銀河

先般購入した、ZWO社のASI294MC。昨夜がファーストライトでした。正直なところ、2インチサイズの装着なので、深さが浅く、脱落しないかと心配でした。撮影中何度もねじを締めました。目標天体はアンドロメダ銀河としました。画角の広さに愕然としました。
天体観測器具レビュー

【天体観測機器レビュー】ZWO社製CMOSカメラASI294MCを購入しました。

迷っていた割にはあっけなく、ASI294MCを購入しました。残念ながら昨夜は雨で、ファーストライトはできませんでした。今日は、カメラ外観、同梱物のレビュー、気になっている事のみです。
天体観測器具レビュー

【天体観測】DualBandFilter導入ならオートガイドが必須

赤い星雲や青い星雲を撮影するために、DualBandFilterが欲しくなりました。諸先輩が撮影しているような美しい画像を得たい。ところが、訪問者さまからのご指摘で、DualBandFilterを検討するなら、望遠鏡のオートガイド化が必須だと分かりました。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】ペルセウス座NGC1579「北の三裂星雲」を撮影してみた

ステラリウムを物色していたら、面白い名前の星雲を見つけました。北の三裂星雲。そうか、三裂星雲は南にも北にもあるんですね。昨夜は穏やかな夜で、早速撮影基地を設営しました。撮影の結果は、良好で、これが北の三裂星雲かと、確認することができました。
天体観測器具レビュー

【天体観測機器】ASI294MCの次はDualBandFilterが欲しい

DualBandFilterは、天体の発する主要2輝線(Hα, OIII)付近の波長域を中心に透過させ、それ以外の波長域をカットすることで、光害地でも星雲を浮かび上がらせます。今まで難しかった、青や赤の星雲の撮影が鮮やかにできるようになります。
天体観測器具レビュー

【天体観測機器】ZWO社ASI294MCが欲しい

先般ペルセウス座o星雲を撮影してみて、改めて、画角の広いカメラが欲しくなりました。ASI462MCはASI294MCに比べると、圧倒的に画角が狭く、DSOの広さによっては、一部しか移すことができません。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】GAINを下げて、アンドロメダ銀河を撮影してみた

アンドロメダ銀河はこれまでも何度か撮影したことがあります。一番うまく撮影できたのは、ライブスタックで撮影した時でした。最大の違いは、中央部分が、今年版は飛んでしまっているところです。ここがアンドロメダ銀河の難しさか・・・
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】2022年11月16日の火星を撮影してみた

木星の撮影に四苦八苦(ピント合わせ)する中、好調なのが火星です。視直径が、準接近中とはいえ、小さいので、求めるレベルが低いというのもあるのですが、それにしてもなかなか良く写っています。これで、今回の準接近の撮影はコンプリートと言っても良いかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました