月に関する情報

月に関する天体ショーの情報です

月に関する情報

【天体観測】月齢17.1の月を、色々撮影してみた

コンパクトデジタルカメラで月の全景が撮影できることが分かり、月への興味がむくむくと湧き上がってきました。月は身近な天体でありながら、日常すぎて、気合を入れて観測・撮影することは、あまりありませんでした。そこで今回、月の撮影に力を入れました。
月に関する情報

【天体ショー】昨夜のスーパームーンの皆既月食、を見たかった

昨夜は、待ちに待った皆既月食の日でした。自宅からは観測できないので、遠征となりますが、さすがに平日の夜、いつもやってるくらいのプチ遠征は無理です。カメラの三脚と、コンパクトデジタルカメラをもって、あたりを付けていた近所の撮影場所に立ちました。
月に関する情報

【天体画像編集】月を、さらに月らしくするために、再々編集

昨日のヒストグラムの編集で、そこそこ月の画像は、自然な感じに近づいていました。しかし、いつも見ている月と、まだ違います。正直、これ以上お手上げだなあと思っていた時に、Samさんからさらなる編集の技のアドバイスがありました。そこで早速、取り組んでみました。
月に関する情報

【天体画像編集】月を月らしくするため、再編集してみました

昨夜は大雨で天体観測は出来ず、Samさんから、月の画像編集について、アドバイスをいただいていたこともあり、普段目で見て楽しむ月とは何となく違うことを解決すべく、RegiStaxのヒストグラムで、先日記事にした月を再編集してみました。
月に関する情報

【天体観測・画像編集】管理人の求める月の画像を目指して

今回は、最近撮影した月を掲載することにします。月は、DSO撮影の障害になることはありますが、やはり眺めていると癒されるものです。しかし、今一つキレにかけるというか、ぼーっとしているというか、管理人の撮影する月はイマイチです。
月に関する情報

【天体観測】月齢4.4の月と初めての地球照と、木星土星大接近

管理人は、初めて地球照というものを撮影しました。管理人のASI462MCでは、半月までしか画角に入らないので、コンパクトデジタルカメラを使った撮影です。コンパクトデジタルカメラも、機能が充実していて、結構使えますね。木星と土星の大接近、今週末までもって欲しいです。
月に関する情報

【天体観測】月に癒される

月は、人生で初めて天体観測する対象だったと思います。やはり月は、一番親しみのある天体であり、見ていると癒されます。だから月は、撮影だけでなく、必ず眼視観測もします。PC画面で見るよりも何倍も良いですから。
月に関する情報

【天体観測】久しぶりに月の撮影をしました

久しぶりに月の撮影をしました。撮影は難しかったです。暗い凹凸部分と、明るい部分の明るさのバランス。満ち欠けの境目に注目しすぎると、明るい部分の色が飛んでしまいます。その逆は、まったく面白くない画像になります。次回は、この点を追求してみたいと思います。
月に関する情報

【2020年7月おすすめ天体ショー】月面に「X」の文字が浮かび上がる日

7月27日、月面にXの文字が浮かび上がります。月は半月などの明暗境界線付近が、クレーターや山の形が良く見えます。凹凸が浮き上がるから、その効果で、Xの文字が浮かび上がります。これが「月面X」です。時間は23時前後で、月は西の空低くに見えます。
月に関する情報

6月6日明け方、半影月食があります

6月21日の部分日食に比べると、かなり地味な存在ですが、6月6日に、半影月食があります。最大食分が0.69という浅目であることや、最も月が欠けるのが、朝方4時25分ということ、西のごく低いところで展開されることから、観測が難しいと思われます。
タイトルとURLをコピーしました