2020-08

天体撮影に関する事項

【天体撮影】初めての画像処理

Samさんからのアドバイスもあり、さらなる天体画像処理をすることになりました。使うソフトはRegiStax 6です。これにスタッキングでできた画像を読み込み、画像を細かく、シャープに処理できました。管理人は、その画像処理の出来栄えに感動しました。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】Stack処理できない原因は「close to edge」?

Stack処理できない原因について、AutoStakkerts2関連のブログで「edge」という言葉を得ました。AutoStakkert3には「close to edge」というチェックボックスがあります。これをオンにしたらStack処理できました。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】動画サイズが影響?合成できなかった件

昨夜は月と木星と土星を撮影して写真を作成する予定でした。月も木星も土星も、前回の撮影の2倍の時間撮影しました。木星土星は9GBの容量になりました。そのことが影響したのか、合成ソフトが分析を終えると、そこで止まってしまう事態になりました。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】初めてCMOSカメラで月と木星を撮影しました

serファイルの使用を諦めAVIファイルで撮影したところ、正常な写真となったため、早速、月と木星を撮影しました。月は暗い写真となってしまい失敗でしたが、木星は最初としては最高の出来となりました。これからもCMOSカメラを使った写真を研究します。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】RegiStax 6で、どうしても灰色の画像になってしまう

FireCaptureで動画をとり、RegiStax6に動画ファイルを読み込むと灰色の画像が出来上がってしまいます。FireCaptureがCMOSカメラを認識した時の感動をもう一度したいので、引き続き何とか情報収集をしたいと思います。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】CMOSカメラを取り付ける中古PCを購入しました。

壊れたパソコンの代わりに迷った挙句、中古のパソコンを購入しました。COREi5、RAM8GBのまずまずのスペックです。天体撮影用ソフトウェアを早速インストールしましたが、若干前回違いPCを再起動が必要だったこと。パソコンによって違いがあるかも。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】CMOSカメラを取り付けるパソコンが壊れました

CMOSカメラを付けるPCが壊れました。昨日、昨夜、動かなくなりました。PCは代わりのものを購入します。中古にするか、新品にするかです。23,000円くらい出すと、良いスペックのものが買えます。6年使用されているPCだそうです。迷うところです。
惑星に関する情報

【8月おすすめ天体ショー】今月二度目!月と、土星、木星が最接近!時期は?方位は?

8月29日、月が土星、木星に最接近します。一か月に一回はある天体ショーなので嬉しい限り。夕方から深夜、南から南西の空で見えます。土星は02°32″、木星は01°38″まで接近します。土星は0.3等で、木星は-2.6等です。次回は9月25日です。
天体観測器具レビュー

【天体撮影】CMOSカメラを望遠鏡に取り付け、PCに認識させるまで(追記あり)

CMOSカメラが届きました。最初は接眼部に取り付けられな形状でしたが、余計なものを取り外して、付属のアダプターを付けたら、望遠鏡に取り付けられました。PCは最初はカメラを認識しませんでしたが、X86仕様のソフトウェアをインストールしたら認識しました。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】CMOSカメラで撮影。ソフトを使いこなせるか。

CMOSカメラで天体撮影するには、天体を動画で取り込んだり、動画を切り刻んで合成するソフトを使いこなさないといけません。FireCapture、RegiStax 6等とCMOSカメラの使用、天体写真まで辿り着くには時間がかかると思います。
タイトルとURLをコピーしました