【天体観測】悪シーイング下の木星、土星、金星を撮影

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

経緯

昨夜も天気予報は曇りでしたが、20時頃までは、予想が外れ、雲のない夜空を得ることが出来ました。
しかし、雲はなかったものの、シーイングが最悪で、いつもがそうであるように、川底で惑星が踊っていました。
それでも、少しでもシーイングが良い時に、撮影ボタンをクリックしますが、うまくいきませんでした。
今回はそれでも、これだけ頑張ったという結果の記事です。

[撮影をした機器、ソフトウェア]
赤道儀:ビクセン社スーパーポラリス赤道儀
鏡筒:SVBONY社SV503 102ED D=102mm・f=714mm・F値7、EDアポクロマート、×2バローレンズ使用
カメラ:CMOSカメラASI462MC
自動追尾:ビクセンMD-6
撮影及びスタック:FireCapture2.6、AutoStakkert3.1.4
画像編集:RegiStax 6でWavelet処理、GIMPで色温度調整
その他:UV/IRカットフィルター使用

目次に戻る▶▶

木星の撮影結果

シーイングは最悪でしたが、時々、少し落ち着く時がありました。そこを狙いました。
大赤斑も暗斑も写って、あのシーイング下ではかなり良く撮れたと思います。
シーイングが良くても、これくらいの出来になることはあります。だから上出来。

Diameter=44.11″、Magnitude=-2.60、FocalLength=1050mm、Resolution=0.56″、Filename=Jup_185322、Date=171021、Start=185252.097、Mid=185322.099、End=185352.102、Duration=60.005s、Frames captured=8298、ROI=640×480、ROI(Offset)=272×232、FPS (avg.)=138、Shutter=7.043ms、Gain=240 (40%)、Gamma=100、Histogramm=94%

目次に戻る▶▶

土星の撮影結果

ピントのとっかかりを狙うまでもなく、とっかかりも何も、土星は泳いでいてその形をとどめてくれません。
そんな中、何とかシーイングが良くなる瞬間に撮影ボタンをクリックし、↓の画像を得ました。
シーイングが良くなるといっても10秒くらいです。撮影は1分間。あまり意味はないかもしれません。
輪のグラデーションが若干わかる程度で、カッシーニの間隙は確認できません。
本体にわずかな縞模様が見えます。
これも良しとするか・・・。

Diameter=17.11″、Magnitude=0.61、FocalLength=1050mm、Resolution=0.57″、Filename=Sat_181723、Date=171021、Start=181653.406、Mid=181723.408、End=181753.410、Duration=60.004s、Frames captured=6384、ROI=640×480、ROI(Offset)=120×424、FPS (avg.)=106、Shutter=8.614ms、Gain=372 (62%)、Gamma=100、Histogramm=94%

目次に戻る▶▶

金星の撮影結果

もう、惑星なんだか何なのか、さっぱり分かりません。
ただでさえ掴みどころのない写りをするのに。

金星は、低空にあるので、さらにシーイングが悪くなります。
でも、最近、金星を撮影できるようになれて嬉しいです。
仲間が増えたような気がします。

Diameter=21.87″、Magnitude=-4.30、FocalLength=1400mm、Resolution=0.43″、Filename=Ven_180552、Date=171021、Start=180522.360、Mid=180552.361、End=180622.363、Duration=60.003s、Frames captured=8361、ROI=640×480、ROI(Offset)=48×472、FPS (avg.)=139、Shutter=4.771ms、Gain=46 (7%)、Gamma=100、Histogramm=100%

目次に戻る▶▶

まとめ

天体の撮影にとって、シーイングの良し悪しはとても重要です。
それが画像の出来を左右するといっても過言ではありません。言い訳がましいですが。

その悪シーイングの下でピントの最適解を見つけるのもまた、醍醐味であったりします。
こんなシーイング下で、こんな良い画像になった!とかね。

悪シーイングばかりでは困りますが、悪シーイングに立ち向かうこともまた貴重な機会なのかもしれません。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました