2021-08

惑星に関する情報

【天体画像】未公開だった画像を紹介します(木星、土星)

DSOの写真にダーク補正をするようになって、一枚の写真を作るのに時間がかかるようになりました。それはそれで、楽しいのですが、惑星の画像処理が滞ってきています。徐々に出来上がったものからご紹介していきたいと思います。ご覧になっていただければ幸いです。
天体撮影に関する事項

【天体観測】失敗続きのコンポジットとその他の撮影成果

一昨日、おそらく星が流れてしまったせいで失敗したコンポジットの、再トライをするものです。また、その他画像処理が滞って紹介できなかった天体写真をアップします。まあ、管理人が紹介なんて、おこがましいんですけどね。
天体撮影に関する事項

【プチ遠征】らせん星雲で手動コンポジットの導入部分をやってみた

昨夜も、ライブスタックからの卒業を目指し、今回は、実験のフレームではなく、コンポジットを目指した画像の撮影を行いました。何といっても、5分の露出で星を止めたのです。手動コンポジットが出来ないはずはありません。プチ遠征で、初の試みです。
天体撮影に関する事項

【天体観測】長時間露出の限界と、リアルタイムフラット補正体験

ライブスタックから卒業するために、SharpCapの機能を使って、訪問者の皆さまはじめ諸先輩方が行っている、何分間かの露出の画像を複数枚撮影して、手動コンポジット?できるようになるため、修行をしているつもりです。昨夜はフラット補正を実施してみました。
天体撮影に関する事項

【天体観測】ライブスタック卒業への第一歩~リアルタイムダーク補正

昨夜はリアルタイムダーク補正というものに挑戦してみました。ライブスタックからの卒業の第一歩にしたかったのです。その効果のほどは、驚くべきものでした。
天体撮影に関する事項

【天体観測】さんかく座銀河、木星、土星の撮影と、長時間露出、太陽投影板

久しぶりに雲のない夜で、天体観測日和。DSOでも、撮影したい天体がたくさんあって、しかも、木星・土星等の惑星シーズン、楽しまないわけにはいきません。一方で、ライブスタックから卒業するための実験も始めました。長時間ノータッチ露出です。
惑星に関する情報

【天体観測】ASI120MC-S初の土星撮影と太陽投影板試作品4.1号機

先般購入した、ASI120MC-Sで、土星を撮影し、写り具合がどうか確認するものです。木星の撮影テストは終わっており、なかなか良い発色を出していることが分かっています。果たして土星はどのような感じでしょうか。そして太陽投影板はうまくいったでしょうか。
惑星に関する情報

【天体観測】忘れていたガニメデの影にエウロパが入る天体ショー(掩蔽)※一部修正

先般購入したASI120MC-S、8月22日は、夜の性能を確認するために、木星を撮影し記事にしました。その記事に、きよりんさんが、 ガニメデによるエウロパ掩蔽、見ましたか!って情報を提供してくれました。すっかり忘れていました。少しは掩蔽を見ることが出来ました。
天体観測器具レビュー

【天体観測】ASI120MC-Sによる初の木星撮影と、太陽投影板試作品4号機

すっかり木星と土星が見やすい位置に来ていて、まさに惑星のシーズンですね。昨夜は先般購入した、ASI120MC-Sの能力を試すために、木星の撮影をしました。月と木星が寄り添っていて、良い景色も楽しむことが出来ました。気流の状態も悪くなかったようです。
天体観測器具レビュー

【天体観測機器】ASI120MC-S、ファーストライト、そして太陽投影板は?

先般購入したASI120MC-Sの使い勝手を確認するため、曇り空ではありましたが、時折覗く青空を狙って、ASI120MC-S初めての太陽撮影を行いました。ほんの1分間くらいの晴れ間でしたので、ねらいをつけておいてよかったです。そして太陽投影板は?
タイトルとURLをコピーしました