【天体観測】ガリレオ衛星の影、見つけた

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

管理人の好きなもの

管理人は、木星が大好きです。
天体観測を始めた35年前から好きです。
あのちょっとつぶれた、縞模様のたくさんある、明るい木星が好きです。
この夏、長い間封印してきた天体観測を再開してからも、木星には、本当に楽しませてもらいました。

木星については、管理人が好きなものが二つあります。
それは、大赤斑と、ガリレオ衛星の影です。
これに遭遇すると、とても得した気分になります。

目次に戻る▶▶

昨夜も見つけました

しかし、木星も今シーズンは旬を過ぎてしまったようで、高度が、観測に適さないレベルまでどんどん下がってきました。
ピント合わせをするのが大変です。ピントの合うところがあるのかという日も出てきました。

それでも一昨日、ぎりぎりでガリレオ衛星の影を見つけました。
写真右すみ、ぎりぎりのところに、はっきりと黒い点が写っています。

とてもラッキー。
観測した高度はシーイングは悪かったし、良く見つけられたと、管理人自身をほめてあげたいと思います。

2020年11月4日18:37撮影

No.183814、Duration=60.000s、Frames captured=6292、ROI=640×480、FPS (avg.)=104、Shutter=9.486ms、Gain=300 (50%)、Gamma=100、
Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=4095、Histogramm=100%
[Wavelet処理]Layer1 Denoise 0.2 Sharpen 0.17 Preview100
Layer2 Sharpen0.1 Preview11.6

[撮影、画像処理をした機器、ソフトウェア]
ビクセンNEWポラリス-80M、D=80mmアクロマート、F=910mm、×2バロー、CMOSカメラASI462MC、モータードライブMD-5(ビクセン)
撮影場所:自宅ベランダ
撮影ソフトウェア FireCapture2.6 スタッキングソフトウェア AutoStakkert3.1.4
画像処理ソフトウェア RegiStax 6

目次に戻る▶▶

今日も観測できるらしい

天文年鑑2020によれば、木星の衛星の食現象は今日も見られるらしい。

といいますか、この影が見える現象は、木星の衛星の食現象だったんですね。

先だって訪問者様が教えてくれて、その時に天文年鑑を引用されていたので、今回は管理人が真似して、天文年鑑を引用してみます。

天気とシーイングがともにありますように。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました