【天体観測】大赤斑の見える木星

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

大赤斑の見える木星を捉えました

シーイングも悪く、ピント合わせも難しかったですが運が良かったです。
昨夜の観測で、大赤斑の見える木星の撮影に成功しました。


[撮影、画像処理をした機器、ソフトウェア]
ビクセンNEWポラリス-80M、D=80mmアクロマート、F=910mm、×2バロー、CMOSカメラASI462MC、モータードライブMD-5(ビクセン)
撮影場所:自宅ベランダ
撮影ソフトウェア FireCapture2.6 スタッキングソフトウェア AutoStakkert3.1.4
画像処理ソフトウェア RegiStax 6

2020年11月3日18:53撮影

No.185334、Duration=60.000s、Frames captured=6321、ROI=640×480、FPS (avg.)=105、Shutter=9.486ms、Gain=307 (51%)、Gamma=100、
Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=4095、Histogramm=100%
[Wavelet処理]Layer1 Denoise 0.2 Sharpen 0.17 Preview100
Layer2 Sharpen0.1 Preview20.8

若いころからのあこがれ

望遠鏡をのぞくようになって、自分の眼で大赤斑を捉えることは夢でした。
しかし、ピント合わせが下手だったのか、常にシーイングが悪い日を選んで観測してしまったのか、見ることはありませんでした。

もちろん今回もスタッキングとWavelet処理のおかげで見ることができたのですが、ピント合わせも自分の眼でやったし、自分の力で勝ち取った大赤斑です。

木星の様子を予測するwebサイトがあるので、そこを見て観測に臨めばよいだけなんですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました