【天体観測】見知らぬ火星の模様

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

直近の観測で火星に見知らぬ模様が

管理人は、火星の模様のすべてを見たわけではないし、ものすごく詳しくない素人天文ファンです。
それもあり、直近二日間の火星の模様は、初めて見た気がします。
こういうのは管理人の天体観測では珍しいことではありません。
それでも、火星観測で、初めての模様を見ると、得した気分になりますね。

目次に戻る▶▶

その模様

[撮影、画像処理をした機器、ソフトウェア]
ビクセンNEWポラリス-80M、D=80mmアクロマート、F=910mm、×2バロー、CMOSカメラASI462MC、モータードライブMD-5(ビクセン)
撮影場所:自宅ベランダ
撮影ソフトウェア FireCapture2.6 スタッキングソフトウェア AutoStakkert3.1.4
画像処理ソフトウェア RegiStax 6

2020年11月16日19:32撮影

子午線の湾のような形は確認できますが、その周辺って、こんなだったかな。

No.193153、Diameter=17.19″、Magnitude=-1.62、FocalLength=2100mm、Duration=60.007s、Frames captured=5992、ROI=640×480、
FPS (avg.)=99、Shutter=10.00ms、Gain=194 (32%)、Gamma=100、Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=4040、Histogramm=98%
[Wavelet処理]Layer1 Denoise 0.15 Sharpen 0.15 Preview100

2020年11月18日19:09撮影

16日の模様が、正面に出てきたようですが、やはり知らない風景です。
しかし、火星は小さくなりました。18日で視直径16.82″。小さいわけだ・・・

No.190915、Diameter=16.82″、Magnitude=-1.55、FocalLength=2050mm、Duration=60.015s、Frames captured=5995、ROI=640×480、
FPS (avg.)=99、Shutter=10.00ms、Gain=209 (34%)、Gamma=100、Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=3716、Histogramm=90%
[Wavelet処理]Layer1 Denoise 0.15 Sharpen 0.15 Preview100

目次に戻る▶▶

まとめ

見知らぬ天体を見ると、わくわくしますね。
そのためには、天体観測の頻度を上げていかないといけません。
火星のような多彩な模様のある天体が去っていってしまうのは、寂しいことですしね。

惑星のシーズンが終わりますから、管理人には惑星ロスが起きると思います。そのロスをなくすために、DSO観測の修行中です。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました