【天体撮影】Gammaを使った画像は美しいのか?

天体撮影に関する事項
ディスプレイ広告02

Gammaとは何か

昨夜もとても天気が良く、撮影中ぼーっとのんびりすることができました。このまま夜が晴れ続けてほしいです。

さて、昨夜(2020年9月15日)も、木星と土星を撮影したのですが、テーマは撮影の設定値「Gamma」でした。
使うとどうなるのか、使わないとどうなるのか、ようやく、こういうテーマを決めて、冷静に撮影ができるようになりました。
Gammaとは。これです。↓


Gammaとは何か、インターネットで調べましたが、あまりに専門的なサイトばかりで、結局、何もわかってないに等しいのですが、あるサイトで、「ようするにシャープさです」のようなことが書いてありました。

シャープな写真を撮影したいのでGammaの効果を試してみました。

目次に戻る▶▶

Gammaを使用した画像とそうでない画像を比べてみた

木星を対象に比べました。
画像①はGamma全開、画像⓶は半開、画像③はOFFです。

比べた結果はかなり、強烈でした。画像①のインパクトが大きいですね。
昨夜はただでさえシーイングが良かったですが、ここまでシャープさに差が出るとは驚きでした。
Wavelet画像処理で、Sharpenを使うか使わないか迷うほどでした。
奥行というか立体感というか、きれいですが不思議な感じです。

画像⓶も良い感じですが、①を見てしまうと、少し中途半端な気がします。でも、出来栄えとしては気に入っています。

画像③のようなソフトな感じが好きという方もみえるでしょう。しかし、①を見てしまうと、⓶③にはインパクトが欠ける気がしてきます。

[撮影、画像処理をした機器、ソフトウェア]
ビクセンNEWポラリス-80M、D=80mmアクロマート、F=910mm、CMOSカメラASI462MC、モータードライブMD-5(ビクセン)
撮影場所:自宅ベランダ
撮影ソフトウェア FireCapture2.6 スタッキングソフトウェア AutoStakkert3.1.4
画像処理ソフトウェア RegiStax 6

画像①Jup_193024

Diameter=42.47″ 視直径
Magnitude=-2.47 等級
FocalLength=650mm 焦点距離
Resolution=0.94″ 解像度
Date=150920、Start=192954.040。Mid=193024.045、End=193054.050
Duration=60.010s
Frames captured=10189
ROI=400×400
FPS (avg.)=169
Shutter=1.900ms
Gain=283 (47%)
Gamma=100
Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=4095、Histogramm=100%
[Wavele処理]
Layer1 Preview100、Sharpen0.11

画像⓶Jup_193237

Diameter=42.47″ 視直径
Magnitude=-2.47 光度
FocalLength=850mm 焦点距離
Resolution=0.71″ 解像度
Date=150920、Start=193207.064、Mid=193237.069、End=193307.075
Duration=60.011s 撮影時間
Frames captured=10204
ROI=400×400
FPS (avg.)=170
Shutter=1.900ms
Gain=283 (47%)
Gamma=58
Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=4093、Histogramm=99%
[Wavele処理]
Layer1 Preview100、Sharpen0.11

画像③Jup_193919

Diameter=42.47″ 視直径
Magnitude=-2.47 光度
FocalLength=850mm 焦点距離
Resolution=0.70″ 解像度
Date=150920、Start=193849.530、Mid=193919.534、End=193949.538
Duration=60.008s
Frames captured=10209
ROI=400×400
FPS (avg.)=170
Shutter=1.900ms
Gain=266 (44%)
Gamma=47 (off)
Histogramm(min)=1、Histogramm(max)=3793、Histogramm=92%、
[Wavele処理]
Layer1 Preview100、Sharpen0.12

目次に戻る▶▶

Gammaを使った画像は美しいか?

今回やっと、自分の手で撮影を通して設定値を理解できた気がします。
シャープにするということしか理解してませんけどね。

このGammaを使った画像、美しいとみるか、興味深いとみるか、好きじゃないとみるか、人によって違いがありそうな気がします。
少し不自然さを感じるからです。
人工衛星の撮影した写真にも近いものがありますよね、画像のタッチが。

管理人は、結構好きです。①が木星の本当の姿っぽそう。
Gammaをつかった画像には癖になりそうなところがあります。
次回の撮影でも、Gammaをつかった動画もしっかり撮影しておこうと思います。

これからの撮影も、一歩一歩、いろんな設定値を試していきたいと思います。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました