【天体撮影】Wavelet処理に、もう一歩踏み込んでみる

天体撮影に関する事項
ディスプレイ広告02

きっかけ

最近バローレンズを使うようになって、画像の感じが変わりました。
シャープ感が薄れたのです。
十分良い画像が出来ているとは思いましたが、画像処理で何か工夫ができるならと思い、Wavelet処理をもう一度、いろいろいじってみることにしました。

今さら知ったのか!というような機能がWavelet処理にはあるんですね。

目次に戻る▶▶

その結果は

色々といじってみた結果が以下のとおりです。

[撮影、画像処理をした機器、ソフトウェア]
ビクセンNEWポラリス-80M、D=80mmアクロマート、F=910mm、、2倍バロー、CMOSカメラASI462MC、モータードライブMD-5(ビクセン)
撮影場所:自宅ベランダ
撮影ソフトウェア FireCapture2.6 スタッキングソフトウェア AutoStakkert3.1.4
画像処理ソフトウェア RegiStax 6

木星

2020年10月5日撮影

左側:これまでよりもう一歩踏み込んだWaveret処理、右側:これまでのWaveret処理

Duration=60.002s、Frames captured=5993、ROI=640×480、FPS (avg.)=99、Shutter=10.00ms、Gain=318 (52%)、Gamma=100、
Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=4095、Histogramm=100%

[Wavelet処理]
左側 Layer1 Preview100、Sharpen0.15
   Layer2 Preview10.4、Sharpen0.1
右側 Layer1 Preview100、Sharpen0.15

大きく踏み込んではいませんが、縞模様も明確になり、少しシャープになりました。
Layer2のPreviewは、これ以上動かすと、いわゆる写真ではなくなるので、10.4あたりで止めています。

2020年10月12日撮影

左側:これまでよりもう一歩踏み込んだWaveret処理、右側:これまでのWaveret処理

Duration=60.014s、Frames captured=5995、ROI=640×480、FPS (avg.)=99、Shutter=10.00ms、Gain=282 (47%)、Gamma=100、
Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=3828、Histogramm=93%

[Wavelet処理]
左側 Layer1 Preview100、Sharpen0.15
   Layer2 Preview11、Sharpen0.1
右側 Layer1 Preview100、Sharpen0.15

迫力が出て、いかにも木星という感じになり、縞模様も、もくもく感が強調されて、縞模様らしくなりました。
右側の画像でも十分いけそうですが、来るべき大赤斑との出会いに向けて、強調も練習しておきます。

火星

2020年10月15日撮影
     左側:これまでよりもう一歩踏み込んだWaveret処理、右側:これまでのWaveret処理

Duration=60.000s、Frames captured=6142、FROI=640×480、FPS (avg.)=102、Shutter=9.743ms、Gain=152 (25%)、Gamma=100、
Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=2900、Histogramm=70%

[Wavelet処理]
左側 Layer1 Preview100、Sharpen0.17
   Layer2 Preview42.3、Sharpen0.1
右側 Layer1 Preview100、Sharpen0.17

見えなかった模様がたくさん見えてきました。なんで今までこの処理をしなかったんだろう。
正直なところ、シャープさがなくなったり、不自然さが出てきたりしたら嫌だったので、Wavelet処理は最小限にしていたんですが、逆にシャープになりました。

土星

左側:これまでよりもう一歩踏み込んだWaveret処理、右側:これまでのWaveret処理

Duration=60.002s、Frames captured=5994、ROI=640×480、FPS (avg.)=99。Shutter=10.00ms、Gain=432 (72%)、Gamma=100、
Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=3162、Histogramm=77%

[Wavelet処理]
左側 Layer1 Preview100、Sharpen0.17
   Layer6 Preview4.8、Sharpen0.1
右側 Layer1 Preview100、Sharpen0.15

土星は少し控えめな方が良いと思っていましたが、右側の画像は暗すぎると思っていました。
そこで、いろいろとルーラーを動かしているうちに、Layer6で明るさが変えられることが分かりました。

ここぞという時に使えますね。

目次に戻る▶▶

今後のWavelet処理の使い方

Wavelet処理は、撮影した画像が機械的になる気がして、必要最低限に抑えてきました。
自然な感じを求めていたというか。

しかし今回の思い付きで、Wavelet処理も使い方次第で自然にも不自然にもなると思いました。

逆に、見えない姿が見えてくるのだから、Wavelet処理をする方が自然とも言えます。

今後は、積極的に使い、眼で見えない部分をより補うべく、不自然さが出るまでぎりぎりまで活用したいと思います。


ちょっと気が付くのが遅すぎました。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました