【天体観測】大シルチスの移動にがっかり

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

一昨日(2020年11月11日)の気持ち

一昨日は大シルチス?が、もうすぐ火星の正面にやってくるとわくわくしていたのですが・・・

結果は・・・

逆に、大シルチスは、右側に隠れていってしまいました。
※管理人は方向音痴のため、上とか下とか左とか右とかで表現します)

自転の方向は、左から右へだから、当然と言えば当然なのですが、11月8日から11月10日の模様の動きが、いかにも正面に移動しそうだったので・・・
自転周期のずれで、正面に来るのかなと思っていました。

少しがっかりな結果となりました。

そしてついに視直径が18″を切りました。寂しいです。

[撮影、画像処理をした機器、ソフトウェア]
ビクセンNEWポラリス-80M、D=80mmアクロマート、F=910mm、×2バロー、CMOSカメラASI462MC、モータードライブMD-5(ビクセン)
撮影場所:自宅ベランダ
撮影ソフトウェア FireCapture2.6 スタッキングソフトウェア AutoStakkert3.1.4
画像処理ソフトウェア RegiStax 6

画像① 2020年11月12日21:38撮影

No.213740、Diameter=17.93″、Magnitude=-1.76、FocalLength=2050mm、Duration=60.014s、Frames captured=5990、ROI=640×480、
FPS (avg.)=99、Shutter=10.00ms、Gain=189 (31%)、Gamma=100、Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=4019、Histogramm=98%
[Wavelet処理]Layer1 Denoise 0.2 Sharpen 0.18 Preview100

画像⓶ 2020年11月10日19:25の画像

No.191026

コメント

タイトルとURLをコピーしました