【天体観測】火星の模様が見えにくくなってきた

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

視直径がどんどん小さくなる火星

ここ三日だけで見ても、火星の視直径は、
2020年11月8日 18.70″
同年11月9日  18.52″
同年11月10日  18.33″
(FireCaptureの吐き出しデータより)

火星はどんどん小さく遠ざかっていきます。
とても寂しいです。
季節も冬・・・

物悲しいですね。
管理人も頭の中は火星大接近フィーバーをしていたのかも・・・
火星ロスが見えてきたなあ。

目次に戻る▶▶

模様がさらに分からなくなっている

昨日までの三日間も火星の撮影をしています。小さいだけに、模様が分かりずらくなっています。
ピント合わせも難しい・・・模様が小さくてはピント合わせのきっかけがありません。
それでも晴れている夜は撮影をしています。悔いのないように。
今夜は天体望遠鏡を出して極軸合わせまでしましたが、雲が切れず、撮影は無理そうです。

[撮影、画像処理をした機器、ソフトウェア]
ビクセンNEWポラリス-80M、D=80mmアクロマート、F=910mm、×2バロー、CMOSカメラASI462MC、モータードライブMD-5(ビクセン)
撮影場所:自宅ベランダ
撮影ソフトウェア FireCapture2.6 スタッキングソフトウェア AutoStakkert3.1.4
画像処理ソフトウェア RegiStax 6

2020年11月8日19:26撮影

徐々に大シルチスが右側がから正面に回ってくる感じでしょうか。火星が遠ざかるにしたがって、画像処理でも模様を鮮明化するのが苦しくなっています。一か月前くらい前までは、模様をもっと目立たせることが出来ていました。

No.192553、Diameter=18.70″、Magnitude=-1.90、FocalLength=2100mm、Filename=Mars_192553.ser、Duration=60.013s、
Frames captured=5991、ROI=640×480、FPS (avg.)=99、Shutter=10.00ms、Gain=181 (30%)、Gamma=100、Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=4095、Histogramm=100%
[Wavelet処理]Layer1 Denoise 0.2 Sharpen 0.18 Preview100

2020年11月9日19:18撮影

やっぱり何か大きな影が、徐々に正面に移動してきていますね。正面に来た時の姿を見るのが楽しみです。

No.191856、Diameter=18.52″、Magnitude=-1.86、FocalLength=2050mm、Duration=60.003s、Frames captured=5991、ROI=640×480、
FPS (avg.)=99、Shutter=10.00ms、Gain=180 (30%)、Gamma=100、Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=3592、Histogramm=87%
[Wavelet処理]Layer1 Denoise 0.2 Sharpen 0.18 Preview100

2020年11月10日19:25撮影

あの黒い大きな模様はやはり大シルチスだと思います。どんどん正面に出てきました。今日あたり、大シルチスが正面の火星が見られるかもしれないと思ったのに、天気の奴・・・
この画像は、ピントはそんなに悪くないと思います。極冠がみえていますから。

それでもピント合わせが難しい。
なんだかピント合わせが難しいばかり言っていますね。
しかし、結果として、この三日の模様の変化を見ることができてよかったです。

No.191026、Diameter=18.33″、Magnitude=-1.83、FocalLength=2050mm、Duration=60.012s、Frames captured=5909、ROI=640×480、
FPS (avg.)=98、Shutter=10.00ms、Gain=173 (28%)、Gamma=100、Histogramm(min)=0、Histogramm(max)=4009、Histogramm=97%
[Wavelet処理]Layer1 Denoise 0.2 Sharpen 0.18 Preview100
Layer2 Sharpen0.1 Preview11.8

目次に戻る▶▶

それでも撮影し続けなければ

夜風は冷たくなり、手もかじかみ始めました。
11月の段階でこれでは、先が思いやられます。
でも、火星の背中を完全に見送るまで、撮影を続けたいです。

最後のピント合わせがうまくいくように、普段の火星の撮影は、練習でもあります。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました