【天体撮影】DeepSkyStackerでコンポジットできない!

天体撮影に関する事項
ディスプレイ広告02

経緯

昨夜、天気は良いように見えましたが、実は薄曇り。
明るい天体でないと撮影は無理です。
そこで、今季最後のつもりで、オリオン大星雲を狙いました。

いつものライブスタックではなく、初めての通常のコンポジットに挑戦しようと思いました。
これができないと、ライブスタックだけでは、片手落ちだと思いますから。

[撮影、画像処理をした機器、ソフトウェア]
ビクセンNEWポラリス-80M、D=80mmアクロマート、F=910mm、×0.5レデューサー、CMOSカメラASI462MC、モータードライブMD-5(ビクセン)
撮影:SharpCap 3.2 (64 bit)
コンポジット;DeepSkyStacker (64 bit)
撮影場所:自宅ベランダ

結果

いつものように、約30分の撮影時間になるように、露出8秒間、フレーム数230、GAIN250で撮影開始。
撮影は滞りなく終了。
230のフレームをDeepSkyStackerに放り込んで、コンポジットを始めました。

ところが!
コンポジットされたのは1フレームだけ。つまりコンポジットされなかったということです。
焦りました。オリオン大星雲も旬を過ぎようとしているのに、大切なチャンスを失うのかと。

という表示が出ます。
どうやら星をもっとたくさん認識するようにしてくださいという要望のようです。
そこで、下記のダイアログのルーラーを色々と動かしてみましたが、何度やっても失敗します。

コンポジットされた後に吐き出されるテキストファイルを見ると、星の数は最低でも7個くらいで、ライブスタックであればスタックされると予想されます。
フレーム画像は、おかしくなかったと思うのだけれど・・・しかし、微妙な感じに見えなくもない。
薄曇りという、天気のせいという可能性もあるのでしょうか。
試しにフレーム数を3個、5個でコンポジットしてもだめでした。

がっかりしました。
オリオン大星雲は、もう撮影できない方角へいってしまう時期が来ています。
落ち込んでいても、しようがありません。次の機会に再チャレンジします。



コメント

タイトルとURLをコピーしました