【天体観測】天候がすぐれず、初めてのDSO「かに星雲」再掲

星雲・星団・銀河に関する情報

昨夜は雨で、当然天体観測は無しでした。
そのかわりに、管理人が初めてDSOの撮影に成功した、おうし座にある「かに星雲」を再掲します。

[撮影、画像処理をした機器、ソフトウェア]
ビクセンNEWポラリス-80M、D=80mmアクロマート、F=910mm、×0.5レデューサー、CMOSカメラASI462MC、モータードライブMD-5(ビクセン)、撮影・ライブスタック:ASILive
撮影場所:自宅ベランダ
画像編集:GIMPによる色レベル。トーンカーブ補正

ディスプレイ広告02

2020年12月2日撮影

露出10秒間、総スタック時間100秒間、GAIN:LOW
100秒間でも星が流れてますね。この影を見つけた時は本当に感動しました。
まいくろさんに感謝感激です。

目次に戻る▶▶

2020年12月14日撮影

赤経方向を目盛環で追い、赤緯方向を微動ハンドルの微調整で追い込むという、今の方法が定着した頃です。その方法でかに星雲を捉えました。
露出30秒間、総スタック時間300秒間、GAIN:Middle。

目次に戻る▶▶

まとめ

考えてみると、もう一度かに星雲を撮っておけばよかったと思います。今は、暗くなるころには、家の裏側に移動してしまっており、残念ながら撮影ができません。
来シーズン、真っ先に撮影しましょうかね。

晴れた夜はまだか・・・

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました