渦巻銀河

星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】やまねこ座の渦巻銀河NGC2683「UFO銀河」を撮影

天文ガイド付録ポスター記載のDSO撮影制覇は、一休みです。撮影が可能になる時間と、プチ遠征が必要になることから、今すぐに撮影できるDSOがありません。しかし、金曜の夜、何か変わったものを撮影したかったのです。狙いはやまねこ座のNGC2683に決めました。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】おおぐま座の渦巻銀河M81を撮影しました

いつものように木星の撮影を終えてDSOの撮影をしようと思ったら、夜空が明るい!昨夜は、月齢15.8の月が、美しく輝いていたのです。これで店じまいにしようか迷ったのですが、撮影基地も設置していることもあり、おおぐま座のM81を撮影することにしました。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】くじら座渦巻銀河M77の出来を過去の画像と比較

11月3日、くじら座の渦巻銀河M77を撮影しました。しかし撮影後に、10月8日に撮影していたことが判明。最近記憶力が落ちてきました。しかし、二つ画像があるということは比較することができます。出来栄えはどちらが良かったでしょうか。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】秋の銀河、ちょうこくしつ座渦巻銀河NGC253の迫力

以前の天文ガイドの付録で、季節別、方角別に見えるDSOを並べたポスターがついていました。これを改めて見て、まだ秋のDSOを消化していないことに気が付きました。そのポスターには、秋のDSOが八つ掲載されていて、管理人はそのうち四つしか消化していません。
惑星に関する情報

【天体観測】木星と土星、くじら座の渦巻銀河M77を撮影

土星と木星をどん欲に観測・撮影しています。10月もあっという間に中旬に迫り、惑星たちが最高潮だと思います。そして、もうすぐ、惑星たちの観測・撮影が、「最適」から「適」の季節になっていきます。そこで、どん欲に観測・撮影をしているというわけです。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】うお座渦巻銀河M74に再チャレンジした結果

M74には、過去に一度チャレンジしたことがありました。その時は撮影に失敗していたため、一昨日、再チャレンジをしました。かなり淡いので、撮影や観測には難しい銀河というネット情報もありましたが、悔しいので、昨夜M74の撮影に再チャレンジすることにしました。
惑星に関する情報

【天体観測】やはりしょぼかったM74と、素晴らしかった木星

木星・土星を撮影。また、ここ数日で撮影したM33、M101がイマイチな結果だったため、銀河を撮影したくなり、それが、M33のお隣にある、うお座の渦巻銀河M74でした。実はM74は、過去に失敗したことがあります。今回はと再チャレンジしました。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】プチ遠征でおおぐま座M101、カシオペヤ座M52を撮影してきました

以前記事にした、天候が回復したら観測したい天体の中に、おおぐま座渦巻銀河M101「回転花火銀河」、カシオペヤ座散開星団M52を挙げていました。これらは位置的にプチ遠征だから撮影できる天体です。そこで、天気も良くなったことだし、プチ遠征を実施しました。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】うお座渦巻銀河M74と土星を撮影したが・・・

明日(今日)からはまた天候の悪い日が続くことを天気予報で知っていたので、最後のチャンスと思い、ベランダに観測基地を設営しました。ねらいは、木星と土星、そして、かなり前に挑戦して失敗に終わった、うお座渦巻銀河M74でした。
天体観測器具レビュー

【天体観測】SharpCapの極軸設定結果とPolar Scope Align Proの結果を比較

昨夜は、長い期間懸案だった、SharpCapで極軸設定して、その結果を、Polar Scope Align Proに照らした時に、Polar Scope Align Proも、正確に極軸設定された結果になっているかどうかを検証しました。
タイトルとURLをコピーしました