【天体観測】バーティノフマスクで木星の良いピントが出ました!

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

経緯

最近は帰宅が少し遅く、望遠鏡を空に向けるころには、土星は、電信柱やら家々の屋根に隠れつつあり、木星も、かなり傾いて、これも電信柱にかかりそうになっています。

しかし、ここで惑星観測が出来なくなるのは困ります。
ここのところ、惑星に関しては、全く成果が上がっていないのです。
美しい木星や土星、金星を見たい・・・

昨日は、土星はもう観測できませんでしたが、木星はまだ観測できる位置にあったので、望遠鏡を急いで出して、セッティングしました。

問題はピントなのですが、最近この点については自信喪失しています。
それを払拭すべく、今一度バーティノフマスクに登場してもらいました。

望遠鏡を木星に向けたところ、どうしてもピントの合うところを見つけられず、一方で木星はどんどん沈んでいく・・・で、過去に直接バーティノフマスクで木星のピントを合わせたことを思い出し、木星撮影にもう一度役立ってもらおうと思ったのです。
何で、この記事のこと忘れてたのか・・・

[撮影をした機器、ソフトウェア]
赤道儀:ビクセン社スーパーポラリス赤道儀
鏡筒:SVBONY社SV503 102ED D=102mm・f=714mm・F値7、EDアポクロマート、×2バローレンズ使用
カメラ:CMOSカメラZWO社ASI462MC
自動追尾:ビクセン社MD-6
撮影及びスタック:FireCapture2.6、AutoStakkert3.1.4
画像編集:RegiStax 6でWavelet処理
その他:UV/IRカットフィルター使用、バーティノフマスクの光の画像はSharpCap3.2で撮影

目次に戻る▶▶

撮影の経過と結果

一回目の撮影

光は合っていると思うのですが、木星の撮像をしてみると、今一つというところでした。
でも、シーイングの悪さの前に立ちすくんでいたので、ここを起点にピント合わせが出来ます。
バーティノフマスクは、惑星撮影に使用する場合、あくまでも補助的な役割のようです。
なお、黒い点が木星上にありますが、これはカリストの影ですかね?

二回目の撮影

しかし、撮影二回目に、ほぼ完璧なピントが来ました。あのシーイングでこの画像は、多分ベストではないでしょうか。
バーティノフマスクの光が一回目より締まって見えます。

ここまでの出来の木星は久しぶりです。大きな画像も↓置いておきます。

Diameter=37.30″、Magnitude=-2.24、FocalLength=1250mm、Resolution=0.47″、Filename=Jup_190750、Date=101221、Start=190720.471、Mid=190750.524、End=190820.577、Duration=60.106s、Frames captured=601、ROI=640×480、ROI(Offset)=784×592、FPS (avg.)=9、Shutter=100.0ms、Gain=52 (8%)、Gamma=100、Histogramm=84%

三回目の撮影

バーティノフマスクの光は合っている気がするのですが、木星画像は平凡なものに終わりました。
バーティノフマスクも惑星に対しては万能ではないようです。
しかし、前述したように、惑星撮影において、ピント合わせの優秀な補佐をしてくれます。

四回目の撮影

まずまずなのですが、二回目ほど、縞模様の数を確認できません。
このシーイング下でよくやっているとは思いますが、残念ながらあまり良い出来ではありません。

目次に戻る▶▶

まとめ

結果として、バーティノフマスクの打率は.250と、まずまずな結果になりました。
四回の撮影のうち、一発でピントを合わせたのは一度でした。
いつも、五回撮影して、その中で良いものがあればラッキーといった感じで撮影してきましたから、上出来と言えるでしょう。

恒星に関しては今のところ100%の確率でピントを正確に合わせてくれています。本当に助かっています。

なお、金星に直接バーティノフマスクを適用してみましたが、こちらは使えないようです。明るいからいけるかと思って試してみましたが、効果はありませんでした。
今は金星が三日月形をしているからでしょうか。

これからも木星撮影のお供として、バーティノフマスクを使用していきたいと思います。

しかし、土星撮影の機会が週末しかないのがつまりません。このままだと、どんどん西の空に沈んでいってしまいます。
最後に良い画像を撮像したいんですけどねー。

コメント

  1. きよりん より:

    こんにちは。
    惑星撮影ですが、もう少しシャッタースピードを速くしたほうが良いと思います。木星でしたら、1/30秒~1/125秒ぐらいで 90秒くらいの動画がちょうど良いかと。
    ASI-462MC の場合でしたらゲインは木星の場合、200~300 程度が適切でしょう。高速シャッターの方がシーイングの揺らぎに影響されにくくなります。

    • sanpojin より:

      きよりんさん、おはようございます。
      アドバイス、ありがとうございます。
      なるほど分かりました。特に動画はずっと60秒でやってきたので、90秒に伸ばすというのは目から鱗です。早速試してみたいと思います。
      GAINを高くして、高速シャッターにするのも、非常に納得しました。
      早く夜が来ないかなあ、試してみたいです。

      いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました