【天体画像編集】最近撮影した惑星・DSO画像を編集してみた

天体撮影に関する事項
ディスプレイ広告02

経緯

昨夜は雨。
天体観測は出来ず、掲載する画像もありません。
そこで、最近興味を持ってするようになった画像編集で、画像のbefore、afterをしようと思います。

画像は自然な姿が良いと思っていましたが、最近そうでもなくて、好みの色に変えてみても面白いんだと思うようになりました。
もっとも、あるべき色は、あるべき色に編集します。

なお、画像処理ソフトはGIMPです。

目次に戻る▶▶

画像編集の結果

木星

10月2日撮影

木星というと暖かい色の印象があります。色温度やカラーバランスを使って、暖色系にしました。
ピンボケでもありますので、コントラストやGANMAでなるべくシャープにしましたが、こちらは限界ありました。

10月3日撮影

こちらもカラーバランスで暖色系に補正しました。

10月3日撮影

木星はカラーバランスだけで結構よい感じになるので、練習するには良い天体ですね←練習中

9月27日撮影

今シーズン一番の木星。それでももう少し温かみが欲しかったのでカラーバランスで編集しました。

土星

土星にも、暖かい色が似あいます。

8月3日撮影

今シーズン最高の木星ですが、やはり温かさが足りないので、カラーバランスで暖色系にしてみました。

9月27日撮影

これも暖色系に補正しました。今シーズン2番目の土星です。

オリオン大星雲 撮影日不明

オリオン大星雲は赤い印象があります。色温度、露出、彩度など調整して、赤くしてみました。

M2 10月2日撮影

背景が黒くなさすぎるのと、本体に色が付きすぎているので、彩度、色温度、露出を調整して、白黒な感じにしてみました。

M33 10月3日撮影

ノイズにまみれているような感じですので、ノイズ軽減、トーンカーブ、彩度を調整。
しかし、本体が目を凝らさないと見えないようになってしまいました。

M74 10月4日撮影

M74に挑戦です。トーンカーブ、彩度、カラーバランスを調整しました。

M74 10月5日撮影

再々度の挑戦。露出、トーンカーブ補正を行いました。

目次に戻る▶▶

まとめ

画像処理が面白いと感じるようになりました。
画像が、より自分のもののような気がして愛着がわきます。
まだ、色の補正くらいしかできませんが、これからいろいろとチャレンジして上手になりたいと思います。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました