【天体観測】忘れていたガニメデの影にエウロパが入る天体ショー(掩蔽)※一部修正

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

経緯

先般購入したASI120MC-S、

本来は太陽観測用に購入しましたが、夜の性能を確認するために、昨夜は木星と土星を撮影しました。
その時は、画素数とか、色々な面でASI462MCに劣る ASI120MC-Sが、どの程度頑張れるのかの確認作業、のつもりでした。

前記事のコメントに、きよりんさんが、 ガニメデによるエウロパ掩蔽、見ましたか!って情報を提供してくれました。
ガリレオ衛星どうしの掩蔽が、今年の天文ショーの目玉になっていることは前に雑誌で読んではいたのですが、すっかり忘れていました。

目次に戻る▶▶

ガニメデの影にエウロパが入る

掩蔽とは、月が恒星や惑星などの前にきて、それらの天体を隠す現象。
それが今年は、ガリレオ衛星同士がやるというのです。
レア感が漂いますね。6年ごとにみることができます。
やはりレアです。
きよりんさんにコメントをもらってよかったです。きよりんさん、ありがとうございます!

[撮影、画像処理をした機器、ソフトウェア]
赤道儀:ビクセンスーパーポラリス赤道儀
鏡筒:SVBONY社SV503 102ED D=102mm・F=714mm・F値7、EDレンズアポクロマート、×2バローレンズ使用
カメラ:CMOSカメラASI120MC-S
自動追尾:MD-6(ビクセン)、
撮影及びスタック:FireCapture2.6、AutoStakkert3.1.4
画像編集:RegiStax 6でWavelet処理
その他:IR/UVカットフィルター使用

まず、時は8月22日に戻ります

2021年8月22日22時55分

気にはなっていたのです、ガリレオ衛星が異常に接近していること。まさか掩蔽とは・・・

ガニメデの影にエウロパが接近し始める時間は、22時。
撮影の真っただ中です。これはラッキーでした。
今回の掩蔽ショーを見れた!って言えるかもしれません。

2021年8月22日22時57分

数分では状況は変わりませんが、気分だけ、徐々に進む掩蔽を楽しみます。押さえということで。

なお、その夜遅く、ガニメデがエウロパを隠す天体ショーが繰り広げられました。(寝てた)

目次に戻る▶▶

2021年8月23日 ガニメデの影にエウロパが入る

やっぱり押さえておかないといけないと思い、昨夜も木星を撮影しました。

昨夜は、ガニメデの影にエウロパが入る天体ショーがありました。これは画像ではうまく表現できていませんが、あくまでも押さえです。

画像① 23時00分

だめだ・・・どの衛星が何なのか分かりません。
しかし、食に向けて、こういうような様子でした。

Diameter=49.04″、Magnitude=-2.87、FocalLength=1250mm、Filename=Jup_225936、Duration=59.973s、Frames captured=3479、ROI(Offset)=416×224、FPS (avg.)=58、Shutter=9.229ms、Gain=57 (57%)、Gamma=50、Histogramm(min)=1、Histogramm(max)=2957、Histogramm=72%

画像⓶  23時40分

バローレンズを外し、焦点距離714mmの撮影です。遠くにもう一つ衛星が視野に入ってきましたが、これは何ですかね?
前の画像で木星の右側にあったイオが木星面を通過し始めました。これも面白いです。

Diameter=49.04″、Magnitude=-2.87、FocalLength=600mm、Filename=Jup_234007、Duration=60.013s、Frames captured=3499、
ROI=640×480、FPS (avg.)=58、Shutter=9.229ms、Gain=27 (27%)、Gamma=50、Histogramm(min)=2、Histogramm(max)=3822、Histogramm=93%

画像③ 23時45分

イオが木星面を通過し始めました。本記事とはあまり関係ない話です面白い現象です。

Diameter=49.04″、Magnitude=-2.87、FocalLength=600mm、Resolution=1.26″、Filename=Jup_234500、Duration=60.014s、Frames captured=3500、ROI=640×480、FPS (avg.)=58、Shutter=9.229ms、Gain=27 (27%)、Gamma=50、Histogramm(min)=2、Histogramm(max)=3844、Histogramm=93%

目次に戻る▶▶

まとめ

きよりんさんのおかげで、見逃すことのなかった天体ショー、しかも新しいカメラ、新しい鏡筒、いいことづくめではないでしょうか。

もともと、掩蔽とか食って、気にしていなかったんですが、とても面白いんですね。これからは、月による掩蔽なども、アンテナ高くしたいと思います。

天体観測の奥は底なしに深いですね。

目次に戻る▶▶

コメント

  1. まいくろ より:

    連日、チェックばかりのコメントですみません。

    2021/08/22
    22h55m * (J) **
    イオ ガニメデ
    エウロパ
    →画像に加えた赤文字の間違い
    ※カリストは、イオよりももっと左。

    2021/08/23
    (3)23h45m ** * (J)*
    ガニメデ イオ
    エウロパ
    カリスト
    >>衛星が木星の影に入りました。
    →イオが木星面を通過し始めました。

    ブログに載せていない、数分毎の木星画像をつなげたら、アニメーションができるんじゃ
    ないでしょうか?

    ※木星の衛星のシミュレーションは、プラネタリウムソフト内で対応しているものもあり
    ます。
    ※「ステラナビゲータLite試用版」と「木星のガリレオ衛星と大赤斑:2021年8月」
    (YouTube動画、アストロアーツ制作)とでは、大赤斑の位置が異なってしまうのが謎。

    • まいくろ より:

      意味のある半角スペースがカットされてしまいました。
      「.」だったら大丈夫かな?
      ———-
      2021/08/22
      22h55m……*…..(J)…..**
      …………イオ……….ガニメデ
      ………………………エウロパ
      →画像に加えた赤文字の間違い
      ※カリストは、イオよりももっと左。

      2021/08/23
      (3)23h45m…..**……..*..(J)*
      …………..ガニメデ……..イオ
      ……………エウロパ
      ……………………カリスト
      >>衛星が木星の影に入りました。
      →イオが木星面を通過し始めました。

      • まいくろ より:

        またまた勝手に変換されてしまいました。ブログを汚してしまってすみません。
        2021/08/22
        22h55m   イ   (J)   ガエ

        2021/08/23
        (3)23h45m  ガエ   カ (J)イ

        • まいくろ より:

          名古屋市科学館のこれ↓はいかがでしょうか?
          http://www.ncsm.city.nagoya.jp/astro/jupiter/

          • sanpojin より:

            まいくろさん、ありがとうございます。

            あー、探せばこういうサイトがあるんですね。これがあれば、各衛星の位置の予測が出来ますね。
            色々さがしてみなければいけませんね。私のはリサーチ不足です。

          • sanpojin より:

            まいくろさん、ありがとうございます。

            ちゃんと探せば、こういうサイトがあるんですね。私はリサーチ不足です。もっと気合入れて探さねば。
            このサイトがあれば、いつでもガリレオ衛星の位置が分かりますね。きっと、天文のこともさらに面白くなります。各衛星を追跡するのも楽しくなりそうです。

        • sanpojin より:

          こちらこそすみません。サイトのバグかもしれません。確認します。
          まいくろさんの正体は誰?って問いかけたくなります。なぜここまでのことが分かるのか?
          ここまでわかると、天文がさらに面白くなるのでしょうね。

          これからもご指導ご鞭撻のほどお願いいたします。

      • sanpojin より:

        まいくろさん、素晴らしいです。
        半角スペースが消えてしまうのはおかしいですね。ブログのコメント欄に問題があるのかな。半角スペースがカットされることがある旨、ブログサイト運営者に確認してみます。ご面倒おかけしてすみません。

    • sanpojin より:

      まいくろさん、ご指摘ありがとうございます。
      お気にせずに、間違っていたらご指摘ください。助かりますので。

      イオとエウロパを間違うなんて、何てことでしょう。ガニメデにエウロパが隠れる天体ショーなのに。すぐに直します。
      あー、あれはイオが木星面通過なんですね。確かに画像をよく見ると隠れてないですね。
      いやあ、そんなにコマ数を撮影していないので、やってみたいけどアニメーション化までは・・・。
      まいくろさんの計算というか、衛星の予測に関してはものすごいものを感じます。それがそれらソフトでできるのですか?それとも天文年鑑とかですか?

  2. まいくろ より:

    何度もすみません。
    2021/08/22
    22h55m 木星の右側2個の衛星のうち、木星に近い方がガニメデ、遠い方がエウロパです。

    《種明かし》
    ・天文年鑑2021→手元にありますが、字が小さくて読めなーい!
    ・ステラナビゲータVer.9→とっくにサポート終了していますが、ガリレオ衛星の位置確
    認ならば十分です。ただ、今回この書き込みを検証する際、Ver.9では大赤斑のシミュレ
    ーションが怪しい、ということを発見できました。

    • sanpojin より:

      まいくろさん、こちらこそ何度もすみません。

      位置関係、了解しました。再修正します。
      あー、ソフトを参考にされていたのですね。まあ、そのソフトを使いこなせるだけすごいですよ。
      大赤斑は、私も出現を期待して、いつも木星を撮影をしています。精度がイマイチなんですね。私の使っているサイトも精度がイマイチです。意外と難しいものなんでしょうか。ガリレオ衛星の予測に比べれば簡単そうなのですが。

      • まいくろ より:

        ステラナビゲータVer.9で大赤斑がズレてるのは意外でした。名古屋市科学館のページで
        は、「拡大」にすると大赤斑が分かりやすくなり、表示も正しいようです。詳しい検証は
        お任せします。

        • まいくろ より:

          名古屋市科学館のページを今調べてみたら、大赤斑に関しては20分ぐらい進んでいるよう
          です。観察時刻を20分遅らせると、それらしい大赤斑の位置になりますが、補正値が今後
          もずっと同じかどうかは不明です。

          • sanpojin より:

            まいくろさん、ありがとうございます。

            なるほど、20分我慢しないといけないのですね。大赤斑のためなら待ちます。良いサイトを教えていただき、ありがとうございます。
            ところで最近、astrometry.netが不調のような気がします。このサイトがダメになると、天体導入が一気に難しくなります。他力本願で導入してますから、私の天文ライフも不安定です。

        • sanpojin より:

          まいくろさん、こんばんは。

          なるほど、大赤斑は大好きなので、早速いじってみます。ステラナビゲーターも完ぺきではないのですね。

          • まいくろ より:

            >>観察時刻を20分遅らせる
            誤解を招く表現でした、すみません。
            名古屋市科学館のページでは、観察時刻を入力できます。例えば23:00と入力すると大赤
            斑は20分ほどズレた23:20頃の様子が表示されるようです。従って、22:40と入力するか、
            23:00と入力してから「10分前」ボタンを2回押すと、実際の大赤斑の位置とほぼ一致す
            ることになります。

          • sanpojin より:

            まいくろさん、こんばんは。

            教えていただき、ありがとうございます。なるほど、そうしたら、時間ジャストで大赤斑を見ることができますね、これは絶対に使います。今までは大赤斑はほとんど偶然に頼っていましたが、これからは確実な予測をもとに木星を楽しむことができます。

            これからもよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました