【天体観測】バローレンズを注文しました。

天体観測器具レビュー
ディスプレイ広告02

注文したもの

ビクセン社の2倍バローレンズを購入しました。これで愛機はf22の鏡筒になることができます。
レデューサーを購入した直後に、今度は焦点距離を伸ばそうとは、といぶかしむ方も多いでしょう。

2倍バローレンズ31.7T ビクセン-天文ショップ スコーピオ
焦点距離を2倍に伸ばします。 Tリング用ネジ付 レンズ部分は31.7mmスリーブにねじ込めますので、外して双眼装置などに使用することもできます。 引伸率 2倍、天頂プリズム 併用時3.3倍 取付接眼部径 31.7mm 使用接眼レンズ径 31.7mm レンズコー...

目次に戻る▶▶

バローレンズを注文した動

管理人は、惑星の撮影にもそれなりに慣れてきて、良い画像も作成できるようになってきたと、自分では思っています。

そんなことを考えていたら、D910mmの直接焦点撮影では、少し惑星にインパクトが足らなく思えてきました。

もちろん、画質が2倍になることはありませんが、PCで画像を拡大してみるよりは、自然な画質で楽しむことができます。

あとは、撮影のピント合わせの時に、被写体が大きい方がピントが合わせやすそうだから、というのもあります。

自動追尾の制度を上げないといけませんが、そこは頑張るということで。

↓下の画像も、PCで拡大せずに見たいです。今までで最高の土星だから。

↓下の画像も、せっかく大赤斑まで撮影できたのだから、もっと大きい姿を見たい。

そんな動機で、バローレンズを注文しました。

もう少し早く思いついていれば、火星ももっと楽しめているのに。

これらが二倍になったら、楽しいだろうなあ。

[以上3点撮影・処理データ]
ビクセンNEWポラリス-80M、D=80mmアクロマート、F=910mm、CMOSカメラASI462MC、モータードライブMD-5(ビクセン)
撮影場所:自宅ベランダ
撮影ソフトウェア FireCapture2.6 スタッキングソフトウェア AutoStakkert3.1.4
画像処理ソフトウェア RegiStax 6

目次に戻る▶▶

火星の大接近に間に合うか

大接近も、すでにもう今大接近だし、10月6日を過ぎたら終わりじゃないですから、十分楽しめると思います。
木星、土星もまだまだいけそうですしね。
届いてからでも、十分間に合います。

とは言え、バローレンズ、いつ届くのかまだわかっていません。

目次に戻る▶▶

心待ちにしています

間に合うとは言え、早く届いてほしいです。
心待ちにしています。

大きさが二倍になった木星や土星や火星を早く見てみたい。

外付けHDDで設備投資は一段落と思っていた矢先の物欲でした。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました