【天体ショー】月が金星に最接近、日時、方角は?

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

概要

細い月と金星が、3°19′まで接近して見えます。
星の世界では、火星の最接近が話題ですが、あれは、物理的に地球と火星が6,207万キロメートルまで接近することで、こちらは、見かけ上の位置関係によって、近づいたり遠ざかったりすることです。

目次に戻る▶▶

日時は?

2020年10月14日です。未明から明け方に、きれいに見えます。

目次に戻る▶▶

方角は?

10月14日の未明から明け方、東の空で月齢26の細い月と金星が接近して見えます。

目次に戻る▶▶

楽しみ方は?

地球照を伴った幻想的な細い月と金星の共演は、数ある月と惑星の接近の中でも随一の美しさです。

管理人は東の空の天体ショーが苦手

と言っても、管理人は早起きは苦手で、明けの明星など、もう20数年くらい見ていません。

これ、見てみたいなあ。

管理人宅は、東を公園の木立にふさがれ、西から北は家の裏側になります。
遠征の練習がてら、金星がらみの接近ショーを見てみましょうと言い続けて、はや数カ月・・・

自分が見ないのでは説得力がないですねえ。

管理人が考える楽しみ方

管理人自身が楽しむとしたら、まず、肉眼で美しさを眺めます。
そして、金星と月、天体望遠鏡で交互に観測します。
金星のかけ具合も確認します。
最後には、各4コマずつの良質な動画ファイルを獲得します。
最近、双眼鏡が欲しいのですが、持っていれば、双眼鏡で鑑賞するのも、とてもよさそうな気がします。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました