8月天体ショー】金星が西方最大離角。日時、光度、楽しみ方は?

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

西方最大離角の日時は?

未明から明け方に東の空に輝く金星が、太陽から最も離れて西方最大離角となります。日時は8月13日09時14分です。

こよみ用語解説 天象 - 国立天文台暦計算室

目次に戻る▶▶

光度は?

日の出3時間前にはすでに地平線上に昇ってきており、日の出1時間前の高度は30度近くに達します。光度は-4.3等と非常に明るく輝いており、まさに「明けの明星」というにふさわしい存在感です。

目次に戻る▶▶

太陽とはどのくらい離れるの(離角距離)?

約46°離れます。金星の最大離角は47°くらいですから、今回がいかに高度が高いかわかりますね。

目次に戻る▶▶

楽しみ方は?

明け方の東天では、東京の場合、で1時30分頃に金星が昇ってきますので、思いがけなく金星の速い登場に驚くでしょう。
前述のように今回の離角は、かなり大きい部類にはいるため、このチャンスを逃す手はありません。日の出一時間前には30度近くに達しますから、この辺りが観測の絶好機でしょう。天体望遠鏡に高い倍率をかけて観測して見ましょう。
8月中旬の明け方にはすでに冬の星座たちが東の空に見えており、明るい星々が多いですが、その中にあって金星は別格の輝きを見せています。ぜひ早起きして眺めてみましょう。管理人は、その早起きが。。天文ファン失格です。

目次に戻る▶▶

今後は?

東天で、現在ふたご座付近に位置している金星は、今後かに座のプレセペ星団(9月中旬ごろ)、しし座の1等星レグルス(10月上旬ごろ)、おとめ座の1等星スピカ(11月中旬ごろ)と接近します。
今後、来年1月上旬ごろまで明けの明星として輝き、来年5月ごろから宵の明星として夕方の空に見えるようになります。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました