【2020年8月おすすめ天体ショー】変光星極大・極小一覧など

恒星に関する情報
ディスプレイ広告02

8月おすすめ天体ショー、変光星の極大・極小一覧

4日 みずがめ座Rが極大(5.2~12.4等、周期387日)
6日 うしかい座Rが極大(6.2~13.1等、周期223日)
8日 02時41分アルゴルが極小
10日 くじら座Rが極大(7.2~14.2等、周期166日)
11日 みずがめ座Sが極大(7.6~15.0等、周期279日)
12日 おひつじ座Rが極大(7.1~14.3等、周期189日)
13日 てんびん座RRが極大(7.8~15.0等、周期279日)
15日 やまねこ座Rが極大(7.2~14.3等、周期366日)
18日 02時53分カシオペヤ座RZ極小
19日 ケンタウルス座Tが極大(5.6~8.4等、周期91日)
19日 ペガサス座Zが極大(7.3~13.6等、周期320日)
24日 02時19分カシオペヤ座RZが極小
25日 りゅう座Rが極大(6.7~13.2等、周期246日)
27日 きりん座Rが極大(7.0~14.4等、周期270日)
28日 04時23分アルゴルが極小
30日 01時45分カシオペヤ座RZ極小
31日 01時12日アルゴルが極小

目次に戻る▶▶

【変光星情報】アンドロメダ座PQ(PQAnd)が32年ぶりにスーパーアウトバースト

この天体は1988年に新天体として発見され、当初は新星として報告されましたが、その後分光観測などがなされ矮新星アウトバーストであることが明らかになったものです。非常にアウトバーストがまれな矮新星として長年モニターされてきましたが、VSOLJ、VSNETといった変光星観測者のネットワークにPQAndが明るくなっているという報告があり、アウトバーストが確認され32年ぶりのアウトバーストとなりました。

目次に戻る▶▶

【変光星情報】UGemが異常変光?

矮新星の代表、ふたご座U(UGem)が異常な挙動を示していることが報告されています。13.0等まで明るくなったとの報告があり、アウトバーストの始まりかと思われましたが、次の日の観測では14.0等と静穏光度に戻ってしまいました。観測ミスは考えにくいので、アウトバーストが途中で途絶えてしまったか。矮新星アウトバーストは降着円盤状の熱的不安定性によって引き起こされるのですが、これがどこかで引き起こされ(たいていは円盤の外縁部分)、間もなく円盤全体に明るい状態が波及して極大になります。ところがこれが十分に波及しないで局所的にとどまり、すぐにまた静穏状態へ戻ってしまうことがあります。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました