月と、木星、土星、火星が最接近

惑星に関する情報

管理人が好きな空の大物、木星、土星。そして色々と秘密めいている火星。どの天体も魅力的です。時間と体力があれば、暗い空を目指して天体観測に行きたいです。

これらの天体が、6月9日、13日と、月と最接近します。月と、木星、土星が6月9日に、月と火星が6月13日に最接近します。実際に距離が接近するのではなく、見かけの距離が最接近するということです。木星は、午前4時28分に2“56‘まで、土星は午前12時46分に2”5’まで、火星は12時57分に2“43‘まで、それぞれ月と接近します。空の大物同士が接近する、素晴らしい天体ショーです。しかも、木星、土星、火星は、それぞれ-2.6等星、0.4等星、-0.2等星と、とても明るくなっており、観測しやすいです。

肉眼で楽しみ、天体望遠鏡の低倍率で楽しみ、双眼鏡で楽しみ、楽しみ方は十人十色です。眺めながら、感動しましょう。あ、晴れてくれるようにお祈りも忘れずに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました