2020年6月の流星群は、お昼ばかり

流星に関する情報

流星にもいろいろあって、偶然見かけるような流星を散在流星といい、宇宙空間に存在するチリが降ってきたものです。〇〇座流星群といった、雨のような流星が降るものが流星群で、彗星が通った道筋にばらまかれたチリの中を地球が通り過ぎたときに発生するものです。晴れた空と暗い空があれば、肉眼でも楽しめます。

しかし残念ながら、2020年6月は、昼間の流星群ばかりのようです。

以下はその主なものです。

①おひつじ座昼間群 5月22日〜7月2日 極大予想6月7日15時

②ペルセウス座ζ昼間群 5月20日〜7月5日 極大予想6月9日15時

③おうし座β昼間群 6月5日〜7月17日 極大予想6月28日14時

なお、極大とは、流星群が最も活発に活動すること、またはその時期のことをいいます。

来月は、7月30日にみずがめ座δ流星群が極大なのですが、これは夜に観測できそうです。期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました