Kenko 天体望遠鏡用CMOSカメラ デジアイピースDX

天体観測器具レビュー

最近自分の撮った天体写真を見つけて、またチャレンジしたいと思うようになった管理人。しかしデジタル一眼レフは持っておらず、なんといっても、ファインダーを覗きながらピント調整する視力がもうない気がしておりまして。。

手軽に、天体写真を撮れ、昔の望遠鏡とも互換性がある機器がないか探してみました。

考えたけど、パソコンに観測画像を写して、ついでに写真も撮れちゃう、そんな機器があったらなあ。で、早速ググってみました。管理人の住んでいるところは、田舎なので天体望遠鏡ショップなんてないんですよ。

割と簡単に答えにありつきました。接眼鏡の代わりにセットして、そこから伸びているUSBケーブルをパソコンに接続し、ドライバーをインストールしたら出来上がり、「Kenko 天体望遠鏡用CMOSカメラ デジアイピースDX」です。昔のアイピースのサイズにも対応しているんですよ!

https://www.kenko- tokina.co.jp/optics/tele_scope/eyepiece/4961607321935.html

もちろん、天体望遠鏡に天体を導入するのは手動ですが、とらえてしまえば、老眼の管理人にも負担がかからずに観測できます。

何より、パソコン画面を見ながらピント合わせや写真撮影までできてしまいます。まさしく僕が求めていたものです。

しかし、アマゾンで口コミを見ると、あまり評価は良くありません。アイピース部分に異物が入っていたりとか、静止画の画素数が低すぎるとか。画質がボケているとか。月の画質で問題があるようでしたので、木星とか土星では歯が立ちそうにない。。。。確かに静止画の画素数が最大90万画素じゃなあ。

それもそのはずと言いましょうか、お値段が7,568円なんですよ。これで90万画素ならお買い得と見るか、安かろう悪かろうと考えるか。

人によって判断は分かれるでしょう。僕ももう少し迷うことにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました