【2020年おすすめ天体ショー】8月も、接近した土星と木星の姿!

惑星に関する情報
ディスプレイ広告02

2020年8月も、おすすめ天体ショーは、接近した土星と木星の姿

この夏休みから秋にかけての日暮れ時の天体ショーで、見逃してはいけないのがひときわ輝いて接近して並ぶ土星と木星でしょう。木星は-2.8等、土星が0.1等ですので、夜空を見渡せば、南の空低く、輝く姿が見えるでしょう。
こうした太陽系の2つの巨大惑星を接近して並んで輝く天体ショーは、滅多にないチャンスですので、逃してはいけません。木星は7月14日に衝、土星は7月21日に衝となり、望遠鏡で楽しむにも今は絶好期。逃したくないですね。(とは言え、管理人は、天候のせいでまだちゃんとみたことがないんですよ。)
木星・土星ともに南の空に低いのですが、夏の気流はおちついているので、思いっきり高倍率をかけて、木星の表面の模様や、土星の輪などを楽しめますね。
なお、次に土星と木星が接近して並ぶのは21年後だそうです。だからこそ、見逃してはいけないんですね。

目次に戻る▶▶

おすすめ天体ショーは、天の川と、接近した土星と木星!

おすすめ天体ショーとしては、天の川と、接近した土星と木星の組み合わせもあります。残念ながら都会の夜空では天の川がよくわかりませんので、暗い夜空を目指してお出かけして、天を流れる夏の明るい天の川と、こちらも明るくそして接近した土星と木星が並ぶ夜空を目に収めたいものです。

目次に戻る▶▶

もう一つおすすめ天体ショーは、土星と木星と月の接近

8月29日に月と土星と木星が接近します。接近した土星と木星の近くを通り過ぎていく明るい月との接近の様子に注目です。さぞ美しいことでしょう。

目次に戻る▶▶

なぜ天体ショーになるのか、「夜半の明星」木星

金星が、明け方「明けの明星」、夕方「宵の明星」と言われますが、実は木星は「夜半の明星」と言われています。それだけ明るく、都会でも見つけられるほどだからですね。明るさは-4.5等にもなる金星にはかないませんが、金星は内惑星の都合上、観測できる時間が短かったり、高度が低かったりします。
そのあたり、木星であれば、一晩中観測できますし、とっつきやすい天体と言えます。

目次に戻る▶▶

コメント

タイトルとURLをコピーしました