木星と土星が接近!華麗な天体ショー!

惑星に関する情報

今日、明日を過ぎたら、いよいよ6月も終わり、梅雨明けも見えてきます。天体ファン期待の時期がやってきますね。特に夏は気流が安定していて、天体望遠鏡から見える天体の像も安定しています。

この7月に夜空で目を引くのは、南の空低く明るく輝いて並ぶ木星と土星です。以前の記事でお知らせしたように、7月は、木星、土星は、衝になるなど、高度が低いとは言え見頃です。真夜中頃南の空にやってきます。太陽系の巨星が、こんなに接近して見えるのは、そうないチャンスですよ。さらに、7月1日には、木星は-2.7等、土星は0.2等まで明るくなります。

望遠鏡を向けて、木星の表面の模様や、土星の輪を楽しんでください。土星の傾きも良好で、輪の観測にも向いています。

夏の華麗な天体ショーを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました