薄曇り

惑星に関する情報

【天体観測】2022年11月10日の土星を撮影してみた

昨夜も奇麗な月夜で、撮影したいDSOは全滅していました。最近DSOの撮影をしていない気がする。そこで昨夜は惑星を狙うことにしました。狙いは土星です。土星はもう旬を過ぎてしまったようですね。光が弱弱しくなりました。しかし、最後の最後まで名作を狙うつもりです。
惑星に関する情報

【天体観測】2022年7月17日、22日の木星と土星

シーイングも比較的良いし、何と言っても晴れている日が貴重です。といいつつ、晴れている日はまだまだDSOの撮影に忙しいというのが本音ですが、早く晴れの日が続く日々がやってきてほしいです。今回は7月17日と22日に撮影した木星と土星を掲載します。
月に関する情報

【天体観測】月齢13.3の月をモザイク撮影・合成。薄曇りを透して。

昨日は、夕方頃から奇跡的に晴れて、今日は星見が出来ると喜びました。しかし、暗くなると、快晴は続かず、薄曇りとなりました。しかし、昨夜は狙っていたんです、満月(ちょっと早いが)のモザイク撮影・合成を。月なら撮影できる薄曇りでした。何とか撮影・合成できました。
月に関する情報

【天体観測】月も美しかった。忘れていました。

DSOの撮影に夢中になっていて、月の撮影を忘れがちです。あんなに奇麗なのに、これまでDSO撮影の邪魔くらいに考えていました。昨夜は薄曇りで、見えているのは、月だけでした。そこで、昨夜は月をターゲットにしました。
月に関する情報

【天体観測】曇り空の中、月齢16.4の月のモザイク撮影・合成をした

昨夜は曇り空でした。そして、月齢16.4の月夜。月のモザイク撮影・合成をしてみたいと思いました。もともとの目的は、DSOの撮影が狙いでしたが、この月夜では撮影は無理でした。そこで月のモザイク撮影・合成をしてみたいと思ったのでした。
惑星に関する情報

【天体観測】薄曇りの中、月、木星、土星を撮影するということ

一昨夜は、雲の切れ間を縫って天体観測をしました。そして、昨夜は、薄曇りの中、天体観測をすることが出来ました。一昨夜と違うのは薄曇りだったことです。木星も土星も月も、常に雲が前にありました。雲の切れ間を待たなくて良いので、じれったさは昨夜の方が下でした。
惑星に関する情報

【天体観測】薄曇りの中、木星、土星、月を撮影

雨、曇りが続く日々、天体観測ができるチャンスは逃すことができません。たとえそれが薄曇りの日でも。時は2021年9月13日、この日も、薄曇りで、月が雲越しに見えていました。管理人は、喜んで観測基地を設営しました。
タイトルとURLをコピーしました