炙り出し

天体撮影に関する事項

【天体観測】オリオン大星雲の、撮影・画像処理に再び挑戦

Sirilを実戦に投入にして以来、画像処理に関しては、あまり良い成果が出ていませんでした。炙り出しも、カブリ取りも。そこで、気分転換で撮影から再出発して画像処理をしようということになり、今回の撮影になりました。
天体撮影に関する事項

【天体画像処理】プレアデス星団を、SirilのArcsinh変換で炙り出してみた。

画像処理の練習継続中。ここまでオリオン大星雲ばかりでの練習でしたので、星団にもうまく適用するのか、管理人の練習を兼ねて記事にします。
天体観測情報

【天体観測】オリオン大星雲を撮影して、画像処理の練習

Samさんから、Sirilの使い方を丁寧に教えていただき、マスターしたつもりだったが、昨夜撮影したオリオン大星雲に早速適用してみたら、難しい!目標となる画像になかなかたどり着けないのです。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】こと座惑星状星雲M57「リング状星雲」の中心星が見えた?

今回は、先般撮影したリング状星雲をもう少し活用しようと思い、当該星雲の記事です。惑星状星雲には中心星があり、当然リング状星雲にもあります。これは、先般撮影した画像を炙り出し等編集し、中心星を見てみようという記事です。
天体観測情報

【天体観測】電視観望をするのに必要なもの、必要な設定など

電視観望って何?前から気になっていました。天体望遠鏡の電波望遠化のことか?とか。そんなことしたら、めちゃくちゃ高価になって、これだけ多くの方が電子観望をされているはずはありません。で、一体何があれば電視観望ができるのか、調べてみました。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】天候がすぐれず、オリオン大星雲再掲

今年は、昨年星見の世界に戻ってきて初めてのDSO撮影の年でした。中でもオリオン大星雲はたくさん撮影しました。冬の空の主役級ですからね。最初はGIMPでの炙り出しのみで地味な撮影でした。SharpCapでの炙り出しの仕方を知り、画像が美しくなっていきました。
天体撮影に関する事項

【天体画像編集】色の平滑化と、炙り出し

色の平滑化で画像を処理すると、とてもインパクトのある画像ができます。過去に色の平滑化は使えるのかどうか検証した時は、撮影した記録としては使用しないと結論付けました。SharpCapで撮影した画像を色の平滑化処理しても結果は同じでしょうか。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】ライブスタックのフレーム画像炙り出し、再び(NGC2483)

管理人は今のところ、とも座の散開星団を計画的に撮影しています。昨夜は、NGC2483の日でした。南方、高度が少し低く、観測・撮影の環境としては、あまりよくありません。フレーム画像に星が少なく、ライブスタックしずらいのです。
星雲・星団・銀河に関する情報

【天体観測】かみのけ座レンズ状銀河M85を撮影してみた

2021年3月14日のこと、遠い銀河を撮影したくなり、物色した結果、かみのけ座レンズ状銀河M85を撮影することにしました。炙り出しはSharpCapで最初は行いましたが、前の撮影の炙り出しの効果が残っていたようで、GIMPでも編集をしてみました。
天体撮影に関する事項

【天体撮影】緑色の背景を黒くできなかったSharpcap

2021年3月11日の話、いつものように、天体観測をかねて、Sharpcapによるライブスタックの練習をしました。今回の教訓は、いくらSharpcapが優秀でも、不自然な背景色を、炙り出しで夜空の黒に変えることはできない、限界がある、ということでした。
タイトルとURLをコピーしました